ダイエット運動時間

ダイエットと運動時間、、、っとその前に!!

ダイエットをするにあたって運動時間はどれぐらいあったほうがよいのか?迷う方はとても多いかと思います。それはなるべくなら長い時間運動した方がダイエットには良いかもしれません。できるだけ燃焼させたいわけですから、体力の続く限り運動できるのであればベストかなって思うかもしれませんよね。ですがその前にとても重要なことがあるんです。ダイエットが必要になると言う事はつまりカロリーが消費エネルギーよりも多いということになります。入ってくるエネルギーの方が出ていくエネルギーよりも圧倒的に多いことが原因でふとってしまうわけです。だからダイエットを始めようと長い時間運動することになるわけですが、ほとんどの方の場合運動時間が長すぎて辛すぎて挫折してしまいますよね。私もそうでした。しかもかなりの長い時間運動しているにもかかわらずそれほどダイエット効果がないことがほとんどじゃないですか。これは精神的にもかなりストレスになりますし、そのストレスの原因でまたどんどん食べてしまいエネルギーが増えてしまい太ってしまうことになるんです。これが完全に悪循環ですよね。努力する量よりも消費してくれるカロリーの方が少ないと言う訳ですから困ったもんです。この悪循環をどうにか断ち切ることができればダイエットもかなり簡単に成功するのではないかと思いました。そこでいろいろ調べてみたのですが、ダイエットが必要になる方の場合、痩せにくい体質になっている可能性が高いということがわかりました。それはつまりいろいろな原因で体質が変わってしまっていると言うことです。もちろん生まれだから太っているという場合もありますが、これもひとえに基礎代謝が低いといったことが原因かもしれません。基礎代謝は人間が生きてく上でとても大切な流れです。摂取したエネルギーをきちんと活動エネルギーに変えてくれる動きです。これは寝ているときであっても同じです。何もしていない時に消費されるエネルギーの量が多ければ多いほど痩せやすくなるということになります。逆に基礎代謝良が低いという事は何もしていないとどんどんエネルギーが蓄積されてしまうということです。つまり脂肪が溜まっていってしまうということになります。いちにちじゅう時間をかけて運動しているわけにはいきませんからね、基本的には何もしていない時間というか運動していない時間の方が長いわけですから、この時間帯に名 目を向けることがとても重要なんです。代謝を上げるには、体内にある酵素の量を増やす必要があります。酵素は体に入ってきた会える食物を適切に分解し適切なエネルギー変換してくれる3,000種類もの成分です。この酵素は20代を過ぎたあたりからどんどん激減していきます。酵素が減ってきてしまうと太りやすくなってしまう上に、お酒が急激に弱くなってしまったり、あらゆる面で問題が生じます。酵素は人間の生命維持活動の大半を担っているとても重要な成分なのです。ですがこれがどんどん減っていくわけです。それを食べ物で摂取しようとすると、自分の体の中のどのコースが足りていないのかがわからないため、あらゆるものを食べなくてはならなくなります。さらに食物にたくさん含まれている酵素は、60度以上の熱を与えると分解されてしまうと言う性質があります。つまり食べても意味がなくなってしまうかもしれないということです。そんなわけで、近年では酵素ドリンクや、そのまま酵素をペースト状で食べるといったダイエットがはやっています。
長い時間運動をしてダイエットをすると言う前にしっかりと基礎代謝を上げる必要があることを覚えておきましょう。頑張って過酷なエクササイズを行うにしても、基礎代謝を上げておかなくては、かなりの長時間運動しつけなければならないことになります。これはかなりの精神力を必要としますので、アスリート並みの精神力がない場合は出来る限り最初の段階で代謝を上げていくことをお勧めします。基礎代謝をきちんとあげた状態で痩せやすい体質に変化させた上で、ダイエットにかける運動の時間を増やしていくのが良いでしょう。かなり少ない時間帯でも痩せることができるかもしれませんよ。痩せにくい体質の状態のままダイエットをがむしゃらに頑張って長い時間運動するということのないようにしたいものですね。私は間違ってこういった長時間運動を続けてしまい完全に心が挫折してしまいました笑
酵素の存在を早めに知っていればもっと楽に痩せられたのかもしれませんけれどね。